周りの環境も見て

入力業務

会社が大きくなってくると、現在のオフィスが狭くなり新しい職場を必要とする時がきます。
そのような拡大を続ける会社ならば、選択肢として自社ビル購入を検討するケースも出てきます。
自社ビルは長期的には賃貸よりもコストがトータルで安くなることが多いですが、その期間は数十年といった期間も多くなります。
初期費用の大きさなどを考えると、賃貸の方がメリットが多くなります。
短期から中期のコストを考えても、不動産で賃貸オフィスを選んだ方が会社への負担も少なくなります。
また貸事務所といった物件は、比較的移転がしやすいのもメリットです。
短期的な営業所として貸事務所を利用したりと、賃貸オフィスは活用幅が大きく柔軟性があるのも良い点です。

現代では用途に応じて様々な賃貸オフィスを選ぶことができます。
例えばその目的に応じた活用例が、レンタルオフィスと呼ばれるタイプの事務所です。
このタイプの事務所では、賃借によって利用するのではなく、事務所の空間内を借りることで利用します。
事務所にはOA機器やロッカー、机などの各種事務用品が置かれており、それらの多くは無料で使用できます。
このため事務所の移転に伴うイニシャルコストの大幅な削減が可能です。
またバーチャルタイプの事務所も需要が高くあります。
バーチャルの名の通り、架空のオフィスとして利用ができ、受付や電話代行のスタッフによって、そこに事務所が実際にあるかのように利用ができるため、SOHOなどの小事業者にも利用されています。